イメージ

段階に分ける

笑顔の男性

心の病気も検査でグラフにできる

双極性障害を発症する時には、躁の状態の時に色々な人間関係でトラブルを起こりやすくなるかもしれません。なぜなら、躁の状態の時には通常では考えられない発言や行動を起こしてしまいがちです。そういったことで、社会的な地位が危なくなったことや激しく人を傷つけてしまうことがあるといった例も少なくありません。また、このことが原因になってうつの症状の時には、自己嫌悪に陥るのです。しかし、正しく治療を行わなかった場合には、躁の症状と鬱の症状を早く繰り返す「早急交代型」へと変化する可能性が高いのです。双極性障害の治療では、あまりうつ病と同じような治療薬は用いません。ですが、判断が難しいことがある双極性障害はうつ病と同じ「抗うつ薬」が使用されることがあるのです。そういった場合には、薬の効果が効きにくくなるのです。

特に今までわかりにくかった病気は

双極性障害の種類は2種類あるとしています。それは、双極性障害の躁の発症期間が短長い?型と、発症期間の短い?型があります。?型は典型的に症状がハッキリとしていて、?型よりも深刻な双極性障害がこれに当てはまります。比較的に?型よりも判断が出来やすいので、検査でもハッキリ診断できやすいのが?型です。躁の状態の時には、人間関係で色々なトラブルが起こりやすいことから、転職や離婚を繰り返すこともあります。症状が重くならない?型の症状のうちに検査や対策をするよう、気をつけましょう。双極性障害の検査方法は、本人に病気であるという自覚が少ないですので、検査の時に性格な症状を伝えることができません。

体の病気と違い、心の病気はなかなかわかるものではありません。特に本人がまったく無自覚で他人が気づく場合は病院への受診も難しい場合があります。また、心の病気は明確なスタートとゴールを定めることが難しく、診断も難しい状況でした。しかし近年、心の病気も脳の病気の一つとして明確な数値化できる検査ができました。 光トポグラフィー検査は2014年に国の認可がおりた検査です。これは脳の血流の変化をわかりやすくグラフ化することでどのような病気にあたるかを判定する検査です。グラフには健常者、うつ病、双極性障害、統合失調症の脳内血流の変化が事例として書かれているため、自身がどのタイプに近いかがわかりやすくなっています。

日本では海外に比べ患者数が少ないとされる双極性障害ですが、実は潜在的な患者数は多いと考えられています。うつ病といわれている患者の10%は双極性障害にあたるというのが研究結果です。なぜ双極性障害の患者数が少ないとされているかというと、調査方法や研究が確立されていないためでした。また、1型はわかりやすいですが、2型は躁状態の出現期間が短く、頻度も低いため、うつ病患者は「少しよくなった」と思い込んでしまうことがあります。そのため見つけにくいこともあるのです。しかし光トポグラフィー検査では視覚的に判断が可能なため、潜在的な患者も発見することができます。この検査はまだ全国に普及していません。2013年の段階では47都道府県のうち20の都道府県で検査を取り入れている病院が確認されています。しかし国の認可が下りたため、今後増えていくことが予想されます。